【山・海・蔵】小豆島「まるっとトライ」福袋

香川県小豆島町

株式会社459

¥4,590
所要時間6時間
現在予約出来る日はありません
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
実施予定なし

「ないものねだりより、あるもの探し」

近いのが、海と山、人と人。
「おへんろ」さんへの「おせったい」という「おもてなし」文化が根づいているここ、小豆島(しょうどしま)。

【参加条件】出会う人みんなに、笑顔であいさつすること。

【参加条件】出会う人みんなに、笑顔であいさつすること。

人見知りのあなた、この数時間で、この島で、生まれ変わるかもしれません。

¥4590、高い?安い?
それは、来れば、分かりますとも!
四国にて、至極(459)の「ご縁」があなたを待ってる。
1200年の風吹く「祈りの場」

1200年の風吹く「祈りの場」

島体験のスタート地点は、ゆらりゆらり、ゆったり波たつ瀬戸内海。
一歩、一歩、自分の力で歩を進める。
気づけばそこは山岳霊場。
流れた汗も、すーっと風に吸い込まれていく。
そびえたつ岩の洞窟

そびえたつ岩の洞窟

中に入り、大きく息を吸い込んでみる。
きっと心が清らかに。
プレミアムな島の「手」仕事

プレミアムな島の「手」仕事

日本の醤油生産量のわずか1%以下、「木桶」仕込みの醤油 づくり。
わたしたちの誰よりも長生き、
人生の大先輩「木桶」の声に
そっと耳を傾けてみる。
ほら、身体も傾いてくる。先輩の方に、前のめり。
未知との遭遇?

未知との遭遇?

ここは、ふつうの住宅街。
そう思いながら歩いていると、登場するのがこの家族。
「ふつう」の域を超え、顔をのぞかせるこの世界観。
どんな人に出会う?

どんな人に出会う?

1分1秒として、先の予想はできません。させません!
偶然?はたまた必然?

おせっかいかもしれません。
思いもよらぬ「おせったい」で、はらぺこお腹が十二分目まで膨らむことも。
「ご縁」を紡ぐアシスタントは?

「ご縁」を紡ぐアシスタントは?

小豆島に熱風を呼ぶ「ハイテンション」お祭り男、
史上最年少・小豆島1周140キロぶっ通しで歩き切った健脚ガール。
ともにこの島に魅せられ、移住してきた「よそもの・わかもの・ばかもの」です。

ただじゃすませない!次につなげる。さあさあ。覚悟はいいですか?

先を見越して、予言いたします。この体験の次に会うとき、わたしたちはあなたにこう言うでしょう。
小豆島へ、おかえりなさい!

小豆島へ、おかえりなさい!

たった数時間で、ここがあなたのふるさとに!
もうひとつだけ、帰れる場所を増やしてみません?
条件 以下のすべてを兼ね備えた方。
□ちょっとした元気
□ふつうの体力
□前日のしっかりした睡眠
□出会う島の人「みんな」に、「笑顔であいさつ」できる心意気。
1度に同時お申込みいただける最大人数 6人
キャンセルポリシー 3日前より料金発生
集合時間 9:00
集合場所 小豆島・坂手港 フェリーチケット販売所(壁に龍がいる、白い建物です)
アクセス方法 神戸港からフェリーにて、約3時間。
料金に含まれるもの ガイド代、荷物の預かり代、杖代、おやつ代
持ち物/注意事項 山歩きと石段のぼりがあります。
これらをどうか、お忘れなく。
□運動靴
□帽子
□タオル
□水分

※お昼には、島女子による「おせったい ご飯」がございます。心と身体に沁みすぎるかもしれません。
※ガイドのテンションは「わりと」高めです。どの程度かは、当日になれば分かります。ある程度の心積もりを、よろしくお願いいたします。

¥4,590
所要時間6時間
現在体験を予約出来る日はありません
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
実施予定なし

株式会社459

生まれも育ちも高松の代表取締役の真鍋が、大学で上京して以来14年弱過ごした東京を離れ、地元に戻ると同時に立ち上げた会社です。テーマは「地域おこし」。地元経済に資する活動であれば、農業であろうが、観光であろうが、教育であろうが、取り組んで参ります。
https://www.facebook.com/459.co.jp

おすすめの体験

PAGETOP