TRIPケアで補償金がお支払いできない場合

体験者が体験中に日本国内において障害を被った場合は、この補償制度の中で補償金をお支払します。
ただし、次のいずれかに該当する事由によって生じた傷害に対しては、補償金を支払いません。

傷害補償金・各補償金共通

  1. 体験者の故意または重大な過失
  2. 補償金を受け取るべき者(注1)の故意または重大な過失。ただし、その者が死亡補償金の一部の受取人である場合には、補償金を支払わないのはその者が受け取るべき金額に限ります。
  3. 体験者の自殺行為、犯罪行為または闘争行為
  4. 体験者が次のいずれかに該当する間に生じた事故
    1. 法令に定められた運転資格(注2)を持たないで自動車等を運転している間
    2. 道路交通法(昭和35年法律第105号)第65条(酒気帯び運転等の禁止)第1項に定める酒気を帯びた状態で自動車等を運転している間
    3. 麻薬、大麻、あへん、覚せい剤、シンナー等の影響により正常な運転ができないおそれがある状態で自動車等を運転している間
  5. 体験者の脳疾患、疾病または心神喪失
  6. 体験者の妊娠、出産、早産または流産
  7. 体験者に対する外科的手術その他の医療処置。ただし、外科的手術その他の医療処置によって生じた傷害が、当社が補償金を支払うべき傷害の治療によるものである場合には、補償金を支払います。
  8. 体験者に対する刑の執行
  9. 戦争、外国の武力行使、革命、政権奪取、内乱、武装反乱その他これらに類似の事変または暴動
  10. 地震もしくは噴火またはこれらによる津波
  11. 核燃料物質(注3)もしくは核燃料物質(注3)によって汚染された物(注4)の放射性、爆発性その他の有害な特性またはこれらの特性による事故
  12. (9)から(11)までの事由に随伴して生じた事故またはこれらに伴う秩序の混乱に基づいて生じた事故
  13. (11)以外の放射線照射または放射能汚染
  14. 補償者が頸けい部症候群、腰痛その他の症状を訴えている場合であっても、それを裏付けるに足りる医学的他覚所見のないもの。この場合、その症状の原因がいかなるときでも、補償金を支払いません。
  15. 体験者の入浴中の溺水(注5)。ただし、入浴中の溺水(注5)が、当社が補償金を支払うべき傷害によって生じた場合には、補償金を支払います。
    体験者の誤嚥えん(注6)によって生じた肺炎。この場合、誤嚥えん(注6)の原因がいかなるときでも、補償金を支払いません。
  16. 体験者が次に掲げるいずれかに該当する間
    1. 乗用具を用いて競技等をしている間。ただし、下記ウ.に該当する場合を除き、自動車等を用いて道路上で競技等をしている間については、補償金を支払います。
    2. 乗用具を用いて競技等を行うことを目的とする場所において、競技等に準ずる方法・態様により乗用具を使用している間。ただし、下記ウ.に該当する場合を除き、道路上で競技等に準ずる方法・態様により自動車等を使用している間については、補償金を支払います。
    3. 法令による許可を受けて、一般の通行を制限し、道路を占有した状態で、自動車等を用いて競技等をしている間または競技等に準ずる方法・態様により自動車等を使用している間

(注1)補償金を受け取るべき者・・・・・補償金を受け取るべき者が法人である場合は、その理事、取締役または法人の業務を執行するその他の機関をいいます。

(注2)法令に定められた運転資格・・・・・運転する地における法令によるものをいいます。

(注3)核燃料物質・・・・・使用済燃料を含みます。

(注4)核燃料物質によって汚染された物・・・・・原子核分裂生成物を含みます。

(注5)溺水・・・・・水を吸引したことによる窒息をいいます。

(注6)誤嚥えん・・・・・食物、吐物、唾液等が誤って気管内に入ることをいいます。

損害賠償補償金

  1. 体験者の業務遂行に直接起因する損害賠償責任
  2. 専ら体験者の業務の用に供される動産の所有、使用または管理に起因する損害賠償責任
  3. 体験者の所有、使用または管理する不動産に起因する損害賠償責任
  4. 体験者の使用人が被補償者の事業または業務に従事中に被った身体の障害に起因する損害賠償責任。ただし、体験者が家事使用人として使用する者に対する損害賠償責任を除きます。
  5. 体験者と第三者との間に損害賠償に関する約定がある場合において、その約定によって加重された損害賠償責任
  6. 体験者と同居する親族(注1)および体験行程を同じくする親族に対する損害賠償責任
  7. 体験者が所有、使用または管理する財物の破損について、その財物について正当な権利を有する者に対して負担する損害賠償責任。ただし、その財物がホテル、旅館等の宿泊施設の客室(注2)であった場合には、補償金を支払います。
  8. 体験者の心神喪失に起因する損害賠償責任
  9. 体験者または体験者の指図による暴行または殴打に起因する損害賠償責任
  10. 航空機、船舶・車両(注3)または銃器(注4)の所有、使用または管理に起因する損害賠償責任

(注1)同居する親族・・・・・旅行のために一時的に別居する親族を含みます。

(注2)客室・・・・・客室内の動産ならびに客室外におけるセイフティボックスのキーおよびルームキーを含みます。

(注3)船舶・車両・・・・・原動機付自転車を含み、ゴルフ場敷地内におけるゴルフ・カート、自転車、身体障害者用車いす、歩行補助車および原動力が専ら人力であるものを除きます。なお、ゴルフ場敷地内とは、ゴルフ場として区画された敷地内をいい、駐車場および更衣室等の付属施設を含みます。ただし、宿泊施設のために使用される部分を除きます。

(注4)銃器・・・・・空気銃を除きます。

携行品補償金

  1. 補償の対象の欠陥。ただし、体験者またはこれらの者に代わって補償の対象を管理する者が、相当の注意をもってしても発見し得なかった欠陥を除きます。
  2. 補償の対象の自然の消耗もしくは性質によるさび、かび、変色その他類似の事由またはねずみ食い、虫食い等
  3. 補償の対象のすり傷、かき傷または塗料のはがれ等単なる外観上の損傷であって補償の対象の機能に支障をきたさない損害
  4. 補償の対象である液体の流出。ただし、その結果として他の補償の対象に生じた損害を除きます。
  5. 補償の対象の置き忘れまたは紛失
  6. 偶然な外来の事故に直接起因しない補償の対象の電気的事故または機械的事故。ただし、これらの事由によって発生した火災による損害を除きます。
  7. 下記対象外品目については、補償対象外とします。

    <携行品の補償対象外品目>

    • 株券、手形その他の有価証券、印紙、切手その他これらに準ずる物。ただし、乗車券等ならびに通貨等については補償の対象に含まれます。
    • 預金証書または貯金証書、クレジットカードその他これらに準ずる物
    • 稿本、設計書、図案、帳簿その他これらに準ずる物
    • 船舶、自動車等およびこれらの付属品
    • 義歯、義肢、コンタクトレンズその他これらに類する物
    • 動物および植物
    • 携帯電話などこれらに類する移動型携帯通信端末など
    • その他証券記載の物
    • 体験者が下記に掲げる運動等を行っている間のその運動等のための用具
    山岳登はん(注1)、リュージュ、ボブスレー、スケルトン、航空機(注2)操縦(注3)、スカイダイビング、ハンググライダー搭乗、超軽量動力機(注4)搭乗、ジャイロプレーン搭乗その他これらに類する危険な運動

(注1)山岳登はん・・・・・ピッケル、アイゼン、ザイル、ハンマー等の登山用具を使用するもの、ロッククライミング(フリークライミングを含みます。)

(注2)航空機・・・・・グライダーおよび飛行船を除きます。

(注3)操縦・・・・・職務として操縦する場合を除きます。

(注4)超軽量動力機・・・・・モーターハンググライダー、マイクロライト機、ウルトラライト機等をいい、パラシュート型超軽量動力機(パラプレーン等をいいます。)を除きます。

PAGETOP